2019年8月30日(金)「世界が食べられなくなる日」上映&講演会

みんなモルモット?
「世界が食べられなくなる日」上映&講演会

いま、遺伝子組み換え以上に生命を自由に操作できるゲノム編集技術が問題となっています。遺伝子組み換え技術によりもたらされた負の影響を顧みることなく、技術が暴走しています。

今回上映する「世界が食べられなくなる日」は、遺伝子組み換え作物と原発の危険性を追ったドキュメンタリーです。この映画では、フランス・カーン大学のジル=エリック・セラリーニ教授が行った、ラットにGM(遺伝子組み換え)トウモロコシと除草剤ラウンドアップを与える実験を丁寧に追っています。通常の動物実験は数カ月程度ですが、セラリーニ教授はラットの寿命に相当する2年間行いました。その結果、分かったGM作物等の危険性は世界に衝撃をもたらしました。

私たちは、この秋、セラリーニ教授を日本にお招きし、映画の中で描かれているラットの実験について直接お話を伺います。ぜひ「世界が食べられなくなる日」を観て、セラリーニ教授の講演会にお越しください。

 

【日時】 2019年8月30日(金) 13:30〜16:30  開場13:00

【場所】 文京区民センター 3A会議室(東京都文京区春日1-16-21)
最寄駅:都営地下鉄「春日」駅A2出口2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園」駅4b出口5分

●プログラム
・映画「世界が食べられなくなる日」上映
・講演会「みんなモルモット?~遺伝子組み換えからゲノム操作へ」天笠啓祐(科学ジャーナリスト)
・質疑応答

●参加費 1000円 ※要予約

<映画あらすじ>2009年、フランスである動物実験が極秘に開始された。それはラットのエサに遺伝子組み換え(GM)トウモロコシや農薬(ラウンドアップ)を混ぜて与えた長期実験。実験期間は2年、ラットの寿命に相当する。現在、市場に流通しているGM食品の安全基準は、ラットにGM作物を3ヵ月間与え続けても問題がないという実験結果をもとにしている。分子生物学者、ジル=エリック・セラリーニ教授が行ったこの世界で初めての実験は、フランスをはじめとしてヨーロッパ諸国、そして世界中に大きな波紋を投げかけた。原題「TOUS COBAYES?」は「みんなモルモット?」という意味。(2012年/フランス/118分)

 

主催:遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、日本消費者連盟

【問合せ・予約先】遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
TEL 03-5155-4756/FAX 03-5155-4767
Eメール office(アット)gmo-iranai.org ※(アット)を@に変えてお送りください。

要請書「ゲノム編集食品の届け出を義務化し、表示を厳格にしてください」

2019日消連第5号
2019年6月26日

薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会
新開発食品調査部会部会長 曽根博仁様

特定非営利活動法人日本消費者連盟
共同代表 天笠啓祐
共同代表 大野和興
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
代表 天笠啓祐

ゲノム編集食品の届け出を義務化し、表示を厳格にしてください

 6月20日に開催された消費者委員会食品表示部会では、ゲノム編集食品の表示を義務付けられないという意見・所感が委員の多くから出され、この件についての議論を終了しました。表示が義務付けられないという意見は、厚生労働省が届出を義務付けなかったことを主な理由に出されています。

貴部会では、リスクコミュニケーションの最も重要な手段として表示が必要であると述べられていました。貴部会で大勢を占めた表示を求める意見は消費者庁と消費者委員会に伝えられたはずですが、消費者委員会食品表示部会で厚労省担当者からその説明はなく、同食品表示部会は貴部会の意を酌むことはありませんでした。

厚労省担当者からは、貴部会及び消費者委員会食品表示部会で、届出を義務付けないが、届出ない事業者を公表する等の手段によって届出の徹底を図る等の説明がなされています。そのような方法を取ってまで、敢えて届出を任意としておく理由が理解不能です。

結果として消費者委員会食品表示部会が届出義務付けのないことを理由に表示義務付けを見送ったことから、貴部会は表示の重要性を改めて消費者委員会に伝え、貴部会としても改めて届出の義務化を検討することを要請します。

以上

要請書「ゲノム編集食品の表示に関する委員会審議の改善を求めます」

2019日消連第4号
2019年6月26日

消費者委員会委員長 高巖様
食品表示部会部会長 受田浩之様

特定非営利活動法人日本消費者連盟
共同代表 天笠啓祐
共同代表 大野和興
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
代表 天笠啓祐

ゲノム編集食品の表示に関する委員会審議の改善を求めます

 貴委員会食品表示部会は、わずか2回の審議で、第54回部会で厚生労働省報告書の説明を受け、第55回部会では委員の意見を一通り聞いたものの、報告書をまとめることもなく終わりました。私たちは貴委員会が消費者から負託された責務を十分に果たしていないことに遺憾の意を表明し、改善を求めます。

部会での消費者庁からの説明は消費者に表示を求める声があることには触れつつも、表示制度の実行可能性と表示違反の食品の検証可能性を強調したもので、それを受けて、委員の多くは表示が難しいとの意見・所感を述べました。

貴委員会は独立した第三者機関として、消費者の利益を擁護して、関係省庁に意見を表明する立場にあります。厚生労働省がゲノム編集食品の届出を義務付けなかったことが表示を困難にしているのであれば、表示を可能とするために厚生労働省に届出義務付けの再検討を要請すべきです。

このままでは、貴委員会が結論先にありきの審議を行なっているとの誹りを免れません。食品を選択することは消費者の権利であるにも関わらず、このままでは消費者は食品を選択することができません。部会ではゲノム編集食品が安全であることを周知するようにとの意見も出されていましたが、問題点を指摘する専門家もいます。貴委員会が設置の初心に立ち返り、消費者の利益を最優先に審議をされることを強く要望し、以下二点について要請します。

1、厚生労働省に対し、ゲノム編集食品の届出義務付けをするよう、再検討を要請すること。

2、改めてゲノム編集食品の表示義務付けを消費者庁に答申すること。

以上

【署名活動】すべてのゲノム編集食品の規制と表示を求めます

遺伝子組み換え食品の登場から20年以上経った今、新たに「ゲノム操作(編集)食品」が登場しています。食べものとしての安全性や環境への影響など、まだまだ分からなことばかりです。それにもかかわらず、日本政府はほとんどのゲノム編集食品を安全性審査の対象外としようとしています。このままでは表示もなしで、市場に出回ることになります。

そこで、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンは日本消費者連盟と共同で、すべてのゲノム編集食品の規制と表示を求める署名活動を始めました。要請事項は以下をご覧ください。第1次集約は2019年8月31日です。

ぜひ「ゲノム操作(編集)食品はいらない」の声をあげてください。そして、一人でも多くの署名を集めてください。皆さんのご協力をお願いいたします。

署名用紙は以下からダウンロードいただけます。印刷してお使いください。

◆署名用紙「すべてのゲノム編集食品の規制と表示を求めます」(PDF)

◆解説「ゲノム編集食品とは? 何が問題?」(PDF)

———————————————————————————————————————–

厚生労働大臣 根本匠様
農林水産大臣 川貴盛様
環境大臣   原田義昭様
消費者庁長官 岡村和美様

すべてのゲノム編集食品の規制と表示を求めます

特定遺伝子を狙って操作するという宣伝文句で登場した「ゲノム編集技術」は、標的外の遺伝子も破壊する「オフターゲット」作用などが報告され、さまざまな不安があります。それにもかかわらず、環境省も厚生労働省も、外来遺伝子が残らないゲノム編集生物は規制対象外と決めました。届け出も任意とされたため、食品表示も困難となっています。

このままでは、ゲノム編集食品が環境影響評価も食品安全審査もされず、食品表示もないまま、私たちの食卓にのぼることになります。消費者の知る権利、選ぶ権利を奪い、私たちの健康に生きる権利を脅かすものです。私たちは、すべてのゲノム編集生物の環境影響評価、食品安全審査、表示の義務付けを求めます。

[要請事項】
1.ゲノム編集技術でつくられた作物・家畜・魚類等のすべてについて、環境影響評価を義務付けること

2.ゲノム編集技術でつくられた作物等のすべてについて、食品安全性審査を義務付けること

3.ゲノム編集技術でつくられた作物等及びこれを原料とする食品について、表示を義務付けること

 

[呼び掛け団体]
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
特定非営利活動法人 日本消費者連盟

2019年7月13日(土)GMナタネ自生調査報告会「暴走する遺伝子操作技術」

 

●2019年遺伝子組み換えナタネ自生調査報告会●

暴走する遺伝子操作技術
~市民の力で歯止めをかけよう~

 

市民による遺伝子組み換え(GM)ナタネ調査が、今年も全国で行われました。輸入したGMナタネが港や輸送路だけでなく住宅地でも見つかり、さらには、雑草との交雑種が見つかるなどGMナタネによる汚染は深刻な様相を呈しています。
GM作物が栽培されて20年以上、生産国では使用される除草剤が人々の健康を脅かしています。除草剤ラウンドアップの主成分のグリホサートは、農業現場だけでなく身の回りでも使用され、私たちの健康や環境を危険にさらしています。
このようなGM作物によりもたらされた深刻な問題を振り返ることなく、今、ゲノム編集技術が登場してきました、暴走する遺伝子操作技術に立ち向かうために何ができるか考えます。

■と き 2019年7月13日(土)13:30~16:30

■ところ 連合会館402会議室
最寄駅:地下鉄「新御茶ノ水駅」B3出口すぐ、JR「御茶ノ水駅」聖橋口5分
アクセス→https://rengokaikan.jp/access/

資料代:500円

【プログラム】
★2019年度GMナタネ自生調査報告
あいコープみやぎ/なのはな生協/生活クラブ生協/コープ自然派/グリーンコープ共同体/遺伝子組換え食品を考える中部の会/農民連食品分析センター

★シンポジウム「暴走する遺伝子操作技術」
河田昌東さん(遺伝子組換え食品を考える中部の会)
八田純人さん(農民連食品分析センター)
天笠啓祐さん(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン)

<問合せ先>
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
電話:03-5155-4756/FAX:03-5155-4767
Email:office(アットマーク)gmo-iranai.org ※(アットマーク)を@に変えてお送りください。

遺伝子操作ジャガイモについて再度質問いたします

2019年3月18日

日本マクドナルド株式会社
代表取締役社長 サラ L.カサノバ様

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
代表 天笠啓祐

遺伝子操作ジャガイモについて再度質問いたします

 私たちは、遺伝子組み換え食品に対して疑問をもちできるだけ避けたいと考え、全国の消費者、生産者、流通業者とともに、表示を求める運動など様々な活動を行っている団体です。

 すでにご承知のことと存じますが、厚労省が2017年7月20日に、新しいゲノム編集作物である「RNA干渉ジャガイモ」を安全と評価し、食品として流通することを承認しました。さらにその年の7月27日には農水省がこのジャガイモの飼料としての使用を承認しました。

 このジャガイモは、米国シンプロット社が開発し、すでに米国では栽培され、流通しています。遺伝子の働きを壊し、発がん物質のアクリルアミドを低減するとともに、打撲により黒く変色するのを抑えることを目的に開発されました。しかし、RNA干渉法は、遺伝子の働きを壊すことから、多くの科学者が安全性に疑問を示しています。

 また、このジャガイモは、カルタヘナ法に基づく生物多様性への影響評価が行われていないため、国内での栽培を目指したものではなく、輸入を目的にしています。

貴社には、2017年に、このジャガイモを使用するかを質問しましたところ以下のような回答がありました。

「Simplot社は、日本マクドナルドのサプライヤーの1社ではありますが、この審査の申請はマクドナルドが関係するものではありません。また現在、遺伝子組み換えジャガイモを使用する予定はありません。」

貴社が現在もこのジャガイモに関する姿勢を堅持していると思いますが、再度質問をいたします。

お忙しいところ、申し訳ありませんが、3月29日までにご回答をお願いたします。

1、貴社は、このシンプロット社のRNA干渉ジャガイモを使用していますか。

2、もし使用する場合は、その理由をお答えください。

2019年5月24日(金)映画上映&ミニ講演会 「たねと私の旅」~私たちが選べば、世界は変えられる~

映画上映&ミニ講演会「たねと私の旅」
~私たちが選べば、世界は変えられる~

遺伝子組み換え(GM)作物が私たちの食卓に登場して20年以上がたちました。そして今、新たにゲノム編集食品が登場しています。遺伝子組み換えなど生命操作食品の世界で何が起きているのでしょうか。
私たちの食べものの背景にあるものを改めて考えるため、映画『たねと私の旅』を上映します。カナダや米国でGM食品に表示義務がないことに疑問を感じた一人の女性が答えを求め旅に出ます。映画の中では母と娘が作るオーガニック料理の数々に目を奪われます。遺伝子組み換えなどの生命操作作物の種を独占し、食べものを支配する巨大企業に抵抗する母と娘の10年の物語をぜひご覧ください。映画鑑賞の後、「たねとゲノム編集食品」についてのミニ講演もあります。
遺伝子組み換えなど生命操作作物が私たちの食と農に何をもたらすか、考えてみましょう。

【日時】2019年5月24日(金)13:30~16:00(13:00開場)

【会場】飯田橋セントラルプラザ16階・学習室A
※最寄駅JR・地下鉄「飯田橋駅」すぐ
https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/center/madoguchi/map_iidabashi.html

●プログラム
「たねと私の旅」上映
「たねとゲノム編集の話」天笠啓祐(遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン代表)

●資料代:1500円(一般)、1000円(キャンペーン会員)

<映画あらすじ>カナダの田舎に住むオーブ。彼女は、家の畑で野菜を育て、たねを採る母親から食べものの背景にあるものを教えられながら育った。大学に入ったオーブは都会で一人暮らしを始める。母の菜園が食品店代わりだったそれまでの生活とは一変した。スーパーで売られている食品を見るたび、「何を食べているのかわからない」という不安がつきまとう。奇しくもその年、最初の「GM(遺伝子組み換え)食品」が市場に出回る。多くの国が食品にGMの表示義務を設けたのに対し、カナダとアメリカは表示義務を設けなかった。母からGMについて書かれた本が送られてくるようになり、読み進めるうちに、企業が開発するGMのたねが急速に広がり、特許によって農家が“たねを採る自由”を奪われていることを知る。何が起きているのかを知るべく、オーブはカメラを携えて外の世界へと向かっていった。(2017年/カナダ/87分 監督:オーブ・ジルー)

主催:遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
後援:日本消費者連盟

「たねと私の旅」上映&講演会チラシ

【問合せ・予約先】遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
TEL 03-5155-4756/FAX 03-5155-4767
Eメール office(アット)gmo-iranai.org ※(アット)を@に変えてお送りください。

要請書「すべてのゲノム編集食品に安全性審査を求めるとともに表示を行うことを求めます」

2019年3月27日

厚生労働大臣
根本 匠様

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
代表 天笠啓祐

すべてのゲノム編集食品に安全性審査を求めるとともに表示を行うことを求めます

 ゲノム編集技術応用食品に関して、このたび貴省がほとんど規制をしない方針を決定したことに対して、抗議するとともに撤回を求めます。この決定は、食の安全を守る要の省である厚労省が、その安全を守ることを放棄したことにほかなりません。従来から行われてきた遺伝子組み換え食品の安全性審査は、安全性の確認手段として極めて不十分なものですが、それすら行わないということは食の安全の軽視といわざるを得ません。

 ゲノム編集は生命の根幹を操作する技術であり、すべてのものの中で最も大切にしなければいけない生命を弄ぶものであり、それを軽んじたものとしか思えません。しかも、完成された技術とはとても言えず、オフターゲットやモザイクなどの想定外の遺伝子変換が起こることは必至です。その結果、食の安全を脅かすことが否定できません。貴省の新開発調査部会が報告書で展開している、自然界で起きうる、または従来の育種技術と変わらないという主張は安全性の根拠とはなりません。生命に対する理解が欠如し、ゲノム編集に対する理解が欠如しているといわざるを得ません。

 また開発者による情報の届出が任意とされたため、事業者が必ず届け出るとは限らず、何がゲノム編集で、何がゲノム編集でないか識別が困難になり、全体の把握が困難と考えられます。

 表示については今後消費者庁で検討されますが、開発者による届出は任意のため全体が把握できず表示の実施も困難となります。生協や食品流通業者が自主的に表示をしたいと考えても、食品原料を仕入れる製造者、さらには農畜産物を栽培・飼養する生産者にさえ、ゲノム編集かどうかが確認できない状況では表示は困難になります。

 表示がされなければ、消費者の知る権利も選択権も奪われ、消費者は知らないうちにゲノム編集食品を食べさせられることになります。

 表示されないことによってゲノム編集への不安は食品全体へ広がり、食の安全への信頼を損なうことになります。これは消費者にとって大きな問題ですが、ゲノム編集を利用する事業者、しいてはゲノム編集の開発者にとっても、決して好ましいことではないはずです。

 今回の厚労省のゲノム編集技術を応用した食品の取り扱いについての決定に抗議するとともに、改めてすべてのゲノム編集食品に安全審査を求めるとともに、表示を行うよう求めます。

以上

小麦粉のグリホサート残留検査結果

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンは2018年10月に小麦粉のグリホサート残留検査を行いました。

 

GM作物以外にも使用されるグリホサート

小麦は遺伝子組み換え(GM)作物ではありませんが、収穫前(プレハーベスト)農薬として以前からラウンドアップが使われています。収穫1~2週間前に散布し、実を一斉に乾燥させ一度に収穫ができる、と使われてきました。収穫直前に散布された農薬は残留率が高くなります。そのためなのか、日本では小麦の残留基準値が5ppmから30ppmに緩和されました。

日本の小麦の生産量は少なく90%をアメリカ、カナダ、オーストラリアから輸入しています。小麦のグリホサート汚染率は高く、農水省の調査でもアメリカ・カナダからの小麦の9割からグリホサートが検出されたという報告があります。

パン食が普及し、学校給食にもパンが提供されています。心配する母親たちの要望もあり、小麦粉の検査を行ないました。一般の消費者がよく使用している小麦粉をスーパーやコンビニ、デパートで購入し、農民連食品分析センターに10検体の検査を依頼しました。

 

グリホサートが市販の小麦粉から検出

検査の結果、10検体中3検体からグリホサートが検出しました。「痕跡」は、検出限界値以下で数値として表せないが確かに含まれているという意味です。グリホサートが検出したのは強力粉で、多くはパンに使われます。今回の調査で、輸入小麦粉は高い確率でグリホサートに汚染されていることがわかりました。日本の小麦の輸入は国が管理しています。製粉会社は同じように汚染された小麦を扱っています。検出されなかった小麦粉が安全とは言えません。

 

■小麦粉の農薬「グリホサート」単一成分分析結果(単位:ppm)

品名 メーカー 分析結果
強力小麦粉 日本製粉 0.37
昭和天ぷら粉 昭和産業 検出せず
日清全粒粉パン用 日清フーズ 1.10
日清フラワー薄力小麦粉 日清フーズ 検出せず
日清クッキングフラワー 日清フーズ 痕跡
日清カメリア強力小麦粉 日清フーズ 0.09
CGC薄力小麦粉 日本製粉 痕跡
ローソンセレクト薄力小麦粉 日本製粉 痕跡
日清コツのいらない天ぷら粉 日清フーズ 痕跡
セブンプレミアム天ぷら粉 日本製粉 痕跡

学校給食をご飯食に
小麦粉はパンやお菓子など多くの加工食品に使われています。このような危険な農薬を含んだ食べものを避けるために、何ができるでしょうか。まず、パン食を避けて米中心の食に替えること。学校給食のパン食をご飯食に替えるよう働きかけることが当面できることですが、日本の小麦の自給率を上げて、国産小麦のパンやお菓子がどこでも買えるようにする運動も必要です。

 

 

 

 

 

 

学校給食をご飯食に
小麦粉はパンやお菓子など多くの加工食品に使われています。このような危険な農薬を含んだ食べものを避けるために、何ができるでしょうか。まず、パン食を避けて米中心の食に替えること。学校給食のパン食をご飯食に替えるよう働きかけることが当面できることですが、日本の小麦の自給率を上げて、国産小麦のパンやお菓子がどこでも買えるようにする運動も必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校給食をご飯食に

小麦粉はパンやお菓子など多くの加工食品に使われています。このような危険な農薬を含んだ食べものを避けるために、何ができるでしょうか。まず、パン食を避けて米中心の食に替えること。学校給食のパン食をご飯食に替えるよう働きかけることが当面できることですが、日本の小麦の自給率を上げて、国産小麦のパンやお菓子がどこでも買えるようにする運動も必要です。