未分類」カテゴリーアーカイブ

2019年8月30日(金)「世界が食べられなくなる日」上映&講演会

みんなモルモット?
「世界が食べられなくなる日」上映&講演会

いま、遺伝子組み換え以上に生命を自由に操作できるゲノム編集技術が問題となっています。遺伝子組み換え技術によりもたらされた負の影響を顧みることなく、技術が暴走しています。

今回上映する「世界が食べられなくなる日」は、遺伝子組み換え作物と原発の危険性を追ったドキュメンタリーです。この映画では、フランス・カーン大学のジル=エリック・セラリーニ教授が行った、ラットにGM(遺伝子組み換え)トウモロコシと除草剤ラウンドアップを与える実験を丁寧に追っています。通常の動物実験は数カ月程度ですが、セラリーニ教授はラットの寿命に相当する2年間行いました。その結果、分かったGM作物等の危険性は世界に衝撃をもたらしました。

私たちは、この秋、セラリーニ教授を日本にお招きし、映画の中で描かれているラットの実験について直接お話を伺います。ぜひ「世界が食べられなくなる日」を観て、セラリーニ教授の講演会にお越しください。

 

【日時】 2019年8月30日(金) 13:30〜16:30  開場13:00

【場所】 文京区民センター 3A会議室(東京都文京区春日1-16-21)
最寄駅:都営地下鉄「春日」駅A2出口2分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園」駅4b出口5分

●プログラム
・映画「世界が食べられなくなる日」上映
・講演会「みんなモルモット?~遺伝子組み換えからゲノム操作へ」天笠啓祐(科学ジャーナリスト)
・質疑応答

●参加費 1000円 ※要予約

<映画あらすじ>2009年、フランスである動物実験が極秘に開始された。それはラットのエサに遺伝子組み換え(GM)トウモロコシや農薬(ラウンドアップ)を混ぜて与えた長期実験。実験期間は2年、ラットの寿命に相当する。現在、市場に流通しているGM食品の安全基準は、ラットにGM作物を3ヵ月間与え続けても問題がないという実験結果をもとにしている。分子生物学者、ジル=エリック・セラリーニ教授が行ったこの世界で初めての実験は、フランスをはじめとしてヨーロッパ諸国、そして世界中に大きな波紋を投げかけた。原題「TOUS COBAYES?」は「みんなモルモット?」という意味。(2012年/フランス/118分)

 

主催:遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、日本消費者連盟

【問合せ・予約先】遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
TEL 03-5155-4756/FAX 03-5155-4767
Eメール office(アット)gmo-iranai.org ※(アット)を@に変えてお送りください。

要請書「ゲノム編集食品の届け出を義務化し、表示を厳格にしてください」

2019日消連第5号
2019年6月26日

薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会
新開発食品調査部会部会長 曽根博仁様

特定非営利活動法人日本消費者連盟
共同代表 天笠啓祐
共同代表 大野和興
遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン
代表 天笠啓祐

ゲノム編集食品の届け出を義務化し、表示を厳格にしてください

 6月20日に開催された消費者委員会食品表示部会では、ゲノム編集食品の表示を義務付けられないという意見・所感が委員の多くから出され、この件についての議論を終了しました。表示が義務付けられないという意見は、厚生労働省が届出を義務付けなかったことを主な理由に出されています。

貴部会では、リスクコミュニケーションの最も重要な手段として表示が必要であると述べられていました。貴部会で大勢を占めた表示を求める意見は消費者庁と消費者委員会に伝えられたはずですが、消費者委員会食品表示部会で厚労省担当者からその説明はなく、同食品表示部会は貴部会の意を酌むことはありませんでした。

厚労省担当者からは、貴部会及び消費者委員会食品表示部会で、届出を義務付けないが、届出ない事業者を公表する等の手段によって届出の徹底を図る等の説明がなされています。そのような方法を取ってまで、敢えて届出を任意としておく理由が理解不能です。

結果として消費者委員会食品表示部会が届出義務付けのないことを理由に表示義務付けを見送ったことから、貴部会は表示の重要性を改めて消費者委員会に伝え、貴部会としても改めて届出の義務化を検討することを要請します。

以上