遺伝子操作ジャガイモに関する質問状へのマクドナルドからの回答

2019年3月18日に日本マクドナルド社に送った、遺伝子操作ジャガイモについての質問に対し、同社から4月15日付で回答が届きました。 同社は、現在、シンプロット社のRNA干渉ジャガイモは使っていないと回答しました。

遺伝子組み換え綿の種子の違法流通に関する質問状への回答

日本で確認された遺伝子組み換え綿の種子について 2018年3月、農民連食品分析センターによって、初めて遺伝子組み換え綿の種子が日本で販売されていることが確認されました。農家から播種前に検査を依頼され分析した綿の種子がGM Read More …

2018年ビール用コーンスターチに関する質問状への回答

◆ビール会社へのアンケート結果◆  「今年もこれからもGMコーンスターチは使用しない」と回答 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンは2008年来、ビール会社に対し、ビール用コーンスターチに関する公開質問状をお送りして Read More …

遺伝子操作ジャガイモについての質問への回答(ポテトチップスメーカー)

2017年11月1日にポテトチップスメーカーに出した「遺伝子操作食品についての公開質問状」への回答結果です。 質問状を送った企業は、カルビー株式会社、株式会社湖池屋、ヤマザキビスケット株式会社、ハウス食品グループ本社株式 Read More …

遺伝子操作ジャガイモについての質問への回答(ファストフード、ファミレス)

2017年9月22日にファストフード5社とファミリーレストラン3社に出した「遺伝子操作ジャガイモについての公開質問状」への回答結果です。 質問状を送った企業は、日本マクドナルド、日本KFC、ロッテリア、モスフードサービス Read More …

新たな遺伝子操作による食品の表示に関する公開質問状への回答(消費者庁)

7月に消費者庁宛てに出した「新たな遺伝子操作による食品の表示に関する公開質問状」には、回答期限の数日前に消費者庁食品表示企画課松尾さんか電話で以下のような回答がありました。当団体は文書での回答を求めましたが、文書では回答 Read More …

新たな遺伝子操作技術による作物についての公開質問状への回答(農水省・環境省)

7月に農水省と環境省宛てに出した「新たな遺伝子操作技術による作物についての公開質問状」に対し、9月22日に食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク(事務局:遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン)主催の院内学習会で Read More …

ビール会社からの回答

アメリカ等で、GMトウモロコシの生産が増大し、非GMトウモロコシの入手がますます困難となっているなか、ビールに使用されるコーンスターチが、GMコーンスターチに切り替えられることを懸念して、2015年7月16日にビール会社 Read More …