パンフレット「モルモットになりたくない!除草剤グリホサート」

いま世界中でがんやアレルギーなどの健康被害が増えています。 その原因の一つとして強く疑われているのが農薬です。 なかでも、この20年間に急激に増えてきた除草剤グリホサートは、 健康や環境への悪影響が明らかになっています。 Read More …

リーフレット「ゲノム編集食品を避けるためのガイド」

遺伝子を人間の都合で操作して作ったのが遺伝子組み換え食品。食べものの安全性が脅かされ、環境が壊され、企業による種子支配が進むなど、遺伝子組み換え食品の問題が明らかになってきています。 今、さらに自由自在に遺伝子を操作でき Read More …

2019年9月25日(水)9・25緊急アクション「ゲノム編集食品はいらない!」ヒューマンチェーン

9・25緊急アクション「ゲノム編集食品はいらない!」 ヒューマンチェーン   新たな遺伝子操作技術「ゲノム編集」でつくられた食品が、安全性審査も表示もないまま、食卓にのぼろうとしています。 安全性審査の必要はな Read More …

2019年9月25日(水)「ゲノム編集食品の規制と表示を求める署名」提出院内集会

◆署名提出院内学習会◆ すべてのゲノム編集食品・作物の規制と表示を求めます ゲノム編集とは何か、多くの市民が知らないまま、知らされないまま、新しい遺伝子操作食品の開発が加速しています。にもかかわらず日本政府は、ほとんどの Read More …

2019年7月13日(土)GMナタネ自生調査報告会「暴走する遺伝子操作技術」

  ●2019年遺伝子組み換えナタネ自生調査報告会● 暴走する遺伝子操作技術 ~市民の力で歯止めをかけよう~   市民による遺伝子組み換え(GM)ナタネ調査が、今年も全国で行われました。輸入したGMナ Read More …

2018年11月29日(木)緊急院内学習会「食べても大丈夫? ゲノム操作食品」

 ゲノム編集とは何か、多くの市民が知らないまま、知らされないまま、新しい遺伝子操作食品の開発が加速しています。きっかけは、今夏、安倍政権の政策の柱の一つであるイノベーションを進めるため、「統合イノベーション戦略」を閣議決 Read More …

もうひとつの世界食料デー宣言

もうひとつの世界食料デー宣言  10月16日は国連が決めた世界食料デーです。私たちは、世界でともに闘う市民とともに、遺伝子組み換えやゲノム操作作物・食品をなくすまで闘うことを、ここに宣言します。  遺伝子組み換え(GM) Read More …

パンフレット「みんなモルモット!遺伝子組み換え食品」を発行

遺伝子は生き物のいのちの設計図です。 そんな大切な遺伝子を人間の都合で操作して作られる遺伝子組み換え食品。 私たちはいまだかつて食べたことがない食品を20年以上食べています。 食品としての安全性、環境への影響、企業による Read More …

2018年3月27日(火)緊急院内学習会「遺伝子組み換え表示が消える」

 緊急院内学習会「遺伝子組み換え表示が消える」 消費者庁による「遺伝子組換え表示制度に関する検討会」は2月16日に開催した第9回検討会で、昨年4月から行われてきた検討会の報告書案について議論しました。報告書案は、ほとんど Read More …

2018年3月23日(金)学習会「ゲノム操作食品の支配者たち」

✽ゲノム操作食品学習会[第2弾]✽ ゲノム操作食品の支配者たち   遺伝子組み換え食品は、モンサント社などバイオメジャーと呼ばれる多国籍企業の種子支配をもたらしました。その支配を可能にしたのが特許でした。しかも Read More …