文部科学省にコオロギゲノム編集についての調査を要望 ゲノム編集

文部科学省にコオロギゲノム編集についての調査を要望

文部科学省に、徳島大学のコオロギゲノム編集についての調査を求める要望書を提出しました。 2020日消連第12号 2020年6月5日 文部科学省 研究振興局 ライフサイエンス課 御中 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 代表 天笠啓祐 特定非営利活動法人日本消費者連盟 共同代表 天笠啓祐 共同代表 大野和興 遺伝子組み換え及びゲノム編集による育種の研究の実態調査についての要望書 私たちは、食の…
ゲノム編集コオロギの開発について徳島大学に公開質問状 ゲノム編集

ゲノム編集コオロギの開発について徳島大学に公開質問状

コオロギのゲノム編集研究をしている徳島大学に、環境影響評価、食品安全評価の実施有無、届け出等について公開質問状を送付しました。 2020日消連第11号 2020年6月5日 徳島大学学長 野地澄晴様 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 代表 天笠啓祐 特定非営利活動法人日本消費者連盟 共同代表 天笠啓祐 共同代表 大野和興 ゲノム編集コオロギの開発に関わる公開質問状 私たちは、食の安全を求めて…
小麦への収穫前グリホサート使用に関する公開質問状 グリホサート

小麦への収穫前グリホサート使用に関する公開質問状

北海道では大豆にグリホサートが収穫直前に使用されなくなりましたが、小麦にも使われているとの情報があったため、ホクレンに再度の質問状を送りました。 2020日消連第10号 2020年6月4日 ホクレン農業協同組合連合会 代表理事会長 内田和幸様 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 代表 天笠啓祐 特定非営利活動法人日本消費者連盟 共同代表 天笠啓祐 共同代表 大野和興 小麦への収穫前グリホサー…
鉄道敷地内における除草剤使用に関する要請書 グリホサート

鉄道敷地内における除草剤使用に関する要請書

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンと日本消費者連盟は、さきに除草剤使用について質問状を送り、回答がなかった、ないし除草剤を使用と回答した鉄道会社に対し、除草剤を使用しないよう要請書を送りました。鉄道労働者と沿線住民のために、鉄道会社が再検討してくれることを望みます。 2020日消連第6号 2020年6月4日 鉄道会社(※)各位 特定非営利活動法人日本消費者連盟 共同代表 天笠啓祐 共同代表 …
鉄道会社から除草剤使用についての回答 グリホサート

鉄道会社から除草剤使用についての回答

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンと日本消費者連盟は鉄道会社に対して公開質問状を出していましたが、22社に送ったうち、回答があったのは6社にとどまりました。回答があった会社でもグリホサート使用ないし除草剤使用を回答しつつ種類は無回答の会社が多かった中で、近畿日本鉄道さんだけが除草剤を使用せず、刈って除草しているとの回答でした。散布者及び沿線住民の健康影響の恐れのある除草剤を使用しないようにし…
良品計画から回答 ゲノム編集

良品計画から回答

「コオロギせんべい」のゲノム編集原料使用報道の件で公開質問状を送付していた株式会社良品計画から以下の回答がありました。 2020年5月20日 特定非営利活動法人 日本消費者連盟 共同代表 天笠啓祐様 共同代表 大野和興様 公開質問状への御回答 株式会社 良品計画 代表取締役社長 松崎暁 拝復 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 さて、2020年5月18日付の貴信にてご質問のありましたコ…
良品計画にコオロギせんべいに関する公開質問状 ゲノム編集

良品計画にコオロギせんべいに関する公開質問状

株式会社良品計画が販売を予定している「コオロギせんべい」は原料のコオロギをゲノム編集技術で作成したものとの報道があったことを受け、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンと日本消費者連盟は同社に公開質問状を送りました。 ※質問状送付後、「コオロギせんべい」にゲノム編集原料が使用されているという報道は誤報と分かりましたが、今後の対応を含め良品計画の回答を待ちます。報道についての経過は日本消費者連盟F…
種苗法改正案の撤回を求める声明 要請書・質問状

種苗法改正案の撤回を求める声明

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンは、5月11日、政府が強行しようとしている種苗法改正案(種苗法の一部を改正する法律案)の撤回を求める声明を発表しました。 種苗法改正案の撤回を求める 4月16日、政府は種苗法改正案(種苗法の一部を改正する法律案)を国会に提出し、今国会中での成立を図っている。この改正案の焦点は、従来、登録品種の一部に限られていた自家増殖禁止を、全植物種にまで拡大することにある…
再質問状に対してホクレンから回答 グリホサート

再質問状に対してホクレンから回答

2020年4月14日付の再質問状に対して、ホクレン農業協同組合連合会から回答がありました。前回同様、こちらの質問項目に答えてはいただけませんでしたが、再質問状送付後に開催された地区代表者会議で、大豆収穫直前にグリホサート剤を使用しない旨を決定した旨の回答でした(回答には「落葉終期~14日前」に不使用と書かれていますが、収穫までの間は元々使用されないと電話で伺っています)。詳しい経緯はわかりませんが…
組み換え細菌由来香料バレンセンの食品健康影響評価(案)についての意見 要請書・質問状

組み換え細菌由来香料バレンセンの食品健康影響評価(案)についての意見

Rhodobacter sphaeroides 168株を利用して製造された香料バレンセンに係る食品健康影響評価に関する審議結果(案)についての意見(食品安全委員会宛て) 【氏名】遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 【住所】東京都新宿区西早稲田1-9-19-207 【職業】消費者団体 【電話番号】03-5155-4756 【メールアドレス】office@gmo-iranai.org 【御意見…
大豆への収穫前グリホサート使用中止を求める要望と使用に関する公開再質問状 要請書・質問状

大豆への収穫前グリホサート使用中止を求める要望と使用に関する公開再質問状

2020年3月に送付した公開質問状に対してホクレンから回答が来ましたが、回答になっていなかったため、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンは日消連と連名で公開再質問状を出しました。(回答は前回公開質問状の後に掲載しています)   2020日消連第3号 2020年4月14日 ホクレン農業協同組合連合会 代表理事会長 内田和幸様   遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 代表…