2019年8月30日(金)「世界が食べられなくなる日」上映&講演会 イベント

2019年8月30日(金)「世界が食べられなくなる日」上映&講演会

みんなモルモット? 「世界が食べられなくなる日」上映&講演会 いま、遺伝子組み換え以上に生命を自由に操作できるゲノム編集技術が問題となっています。遺伝子組み換え技術によりもたらされた負の影響を顧みることなく、技術が暴走しています。 今回上映する「世界が食べられなくなる日」は、遺伝子組み換え作物と原発の危険性を追ったドキュメンタリーです。この映画では、フランス・カーン大学のジル=エリック・セラリーニ…
要請書「ゲノム編集食品の届け出を義務化し、表示を厳格にしてください」 要請書・質問状

要請書「ゲノム編集食品の届け出を義務化し、表示を厳格にしてください」

2019日消連第5号 2019年6月26日 薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会 新開発食品調査部会部会長 曽根博仁様 特定非営利活動法人日本消費者連盟 共同代表 天笠啓祐 共同代表 大野和興 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 代表 天笠啓祐 ゲノム編集食品の届け出を義務化し、表示を厳格にしてください  6月20日に開催された消費者委員会食品表示部会では、ゲノム編集食品の表示を義務付けられな…
要請書「ゲノム編集食品の表示に関する委員会審議の改善を求めます」 要請書・質問状

要請書「ゲノム編集食品の表示に関する委員会審議の改善を求めます」

2019日消連第4号 2019年6月26日 消費者委員会委員長 高巖様 食品表示部会部会長 受田浩之様 特定非営利活動法人日本消費者連盟 共同代表 天笠啓祐 共同代表 大野和興 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 代表 天笠啓祐 ゲノム編集食品の表示に関する委員会審議の改善を求めます  貴委員会食品表示部会は、わずか2回の審議で、第54回部会で厚生労働省報告書の説明を受け、第55回部会では委…
【署名活動】すべてのゲノム編集食品の規制と表示を求めます イベント

【署名活動】すべてのゲノム編集食品の規制と表示を求めます

遺伝子組み換え食品の登場から20年以上経った今、新たに「ゲノム操作(編集)食品」が登場しています。食べものとしての安全性や環境への影響など、まだまだ分からなことばかりです。それにもかかわらず、日本政府はほとんどのゲノム編集食品を安全性審査の対象外としようとしています。このままでは表示もなしで、市場に出回ることになります。 そこで、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンは日本消費者連盟と共同で、す…
2019年7月13日(土)GMナタネ自生調査報告会「暴走する遺伝子操作技術」 イベント

2019年7月13日(土)GMナタネ自生調査報告会「暴走する遺伝子操作技術」

  ●2019年遺伝子組み換えナタネ自生調査報告会● 暴走する遺伝子操作技術 ~市民の力で歯止めをかけよう~   市民による遺伝子組み換え(GM)ナタネ調査が、今年も全国で行われました。輸入したGMナタネが港や輸送路だけでなく住宅地でも見つかり、さらには、雑草との交雑種が見つかるなどGMナタネによる汚染は深刻な様相を呈しています。 GM作物が栽培されて20年以上、生産国では使用…
遺伝子操作ジャガイモについて再度質問いたします 要請書・質問状

遺伝子操作ジャガイモについて再度質問いたします

2019年3月18日 日本マクドナルド株式会社 代表取締役社長 サラ L.カサノバ様 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 代表 天笠啓祐 遺伝子操作ジャガイモについて再度質問いたします  私たちは、遺伝子組み換え食品に対して疑問をもちできるだけ避けたいと考え、全国の消費者、生産者、流通業者とともに、表示を求める運動など様々な活動を行っている団体です。  すでにご承知のことと存じますが、厚労省…
2019年5月24日(金)映画上映&ミニ講演会 「たねと私の旅」~私たちが選べば、世界は変えられる~ イベント

2019年5月24日(金)映画上映&ミニ講演会 「たねと私の旅」~私たちが選べば、世界は変えられる~

映画上映&ミニ講演会「たねと私の旅」 ~私たちが選べば、世界は変えられる~ 遺伝子組み換え(GM)作物が私たちの食卓に登場して20年以上がたちました。そして今、新たにゲノム編集食品が登場しています。遺伝子組み換えなど生命操作食品の世界で何が起きているのでしょうか。 私たちの食べものの背景にあるものを改めて考えるため、映画『たねと私の旅』を上映します。カナダや米国でGM食品に表示義務がないことに疑問…
要請書「すべてのゲノム編集食品に安全性審査を求めるとともに表示を行うことを求めます」 要請書・質問状

要請書「すべてのゲノム編集食品に安全性審査を求めるとともに表示を行うことを求めます」

2019年3月27日 厚生労働大臣 根本 匠様 遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 代表 天笠啓祐 すべてのゲノム編集食品に安全性審査を求めるとともに表示を行うことを求めます  ゲノム編集技術応用食品に関して、このたび貴省がほとんど規制をしない方針を決定したことに対して、抗議するとともに撤回を求めます。この決定は、食の安全を守る要の省である厚労省が、その安全を守ることを放棄したことにほかなり…
小麦粉のグリホサート残留検査結果 活動報告

小麦粉のグリホサート残留検査結果

遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンは2018年10月に小麦粉のグリホサート残留検査を行いました。   GM作物以外にも使用されるグリホサート 小麦は遺伝子組み換え(GM)作物ではありませんが、収穫前(プレハーベスト)農薬として以前からラウンドアップが使われています。収穫1~2週間前に散布し、実を一斉に乾燥させ一度に収穫ができる、と使われてきました。収穫直前に散布された農薬は残留率が…
2018年2月17日(日)第21回大豆畑トラスト運動全国交流会「大豆畑にグリホサート?」 イベント

2018年2月17日(日)第21回大豆畑トラスト運動全国交流会「大豆畑にグリホサート?」

◆第21回大豆畑トラスト運動全国交流会◆ 「大豆畑にグリホサート?」 いま、世界的に除草剤グリホサートによる人体の汚染と、それがもたらす健康被害が問題になっています。遺伝子組み換え(GM)作物の生産が増大し、除草剤ラウンドアップの使用量が増えています。このラウンドアップの植物を枯らすための主成分がグリホサートです。遺伝子組み換え(GM)作物の栽培地域では、耐性雑草の増加により使用量が増え続けていま…
要請書「グリホサート残留小麦を使わないでください」 要請書・質問状

要請書「グリホサート残留小麦を使わないでください」

私たち遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンの調査で市販の小麦粉から除草剤グリホサートの成分が検出されたことを受け、日本消費者連盟と連名で、当該の小麦粉の販売会社にグリホサートが残留した小麦を使わないよう求める要請書を出しました。 ———————————————————————————————————————— 2018日消連第9号~11号 2019年1月17日 日清フーズ株式会社 取締役社長 …